あと払い現金化

後払い決済アプリバンキット!現金化の裏技を伝授!

後払い決済アプリバンキット!現金化の裏技を伝授!

バンキットって何?

バンキットカードってどんなサービス?
という方に、まずバンキットカードのサービスについて簡単に解説します。

バンキットカードは2020年3月クレジットカード・信販会社のアプラスがスタートしたプリペイドカードサービスです。
アプリをダウンロードし、電話番号とメールアドレスの登録のみでアプリ型のプリペイドカードが無料で発行できます。
カードそのものを発行しなくても、アプリ上のバーチャルカードだけでVISA扱いの支払いができるという便利な仕組み。
ネットショップやゲームの課金などの支払いに使えますので、クレジットカードを持っていない方でも決済の幅が広がります。

バンキット3つの特徴

  • 入会金・年会費無料
  • 満13歳から利用可能
  • 審査不要

アプラスという会社は信販会社なので審査がありクレジットカードを発行するイメージを抱くかも知れませんがそんなことはありません。

このBANKIT(バンキット)は満13歳から利用できクレジットカードのような厳格な審査もありません。
※お助けチャージを利用する場合は、審査もありますし18歳未満は利用できません。

 

「おたすけチャージ」に「おたすけチャージ+」が新たに加わる

以前からあった『おたすけチャージ』という後払いのチャージシステムに『おたすけチャージ+(プラス)』が加わりました。
『おたすけチャージ+』は、2021年8月10日から新しくできたサービスで、おたすけチャージよりも多い金額の後払いチャージが可能です。
そして、「おたすけチャージ」と「おたすけチャージ+」両方ともに、事前に本人確認が必要になりました。

「おたすけチャージ」や「おたすけチャージ+」の大きな違いは審査方法と限度額になります。

  • おたすけチャージ
  • 本人確認登録し利用
  • 18歳以上
  • 3,000円または6,000円
  • 信用機関への登録なし

 

  • おたすけチャージ+
  • 本人確認登録し利用
  • 20歳以上
  • キャッシング10万円 ショッピング50万円
  • 信用登録機関へ登録あり

上の表を見てもらえばおわかりいただけますが、一番大きな違いは「おたすけチャージ+」を登録すると信用情報機関に登録されることです。
「おたすけチャージ+」はアプラスのクレジットカードを作るのとほぼ同じ意味なのではないでしょうか。
一度もクレカを作ったことがなかったり、学生や無職の人、または以前、クレカなどで事故があり返済履歴がよろしくなく、クレヒスのスコアが悪いと審査が通らないこともあります。

 

バンキット現金化方法・手順

こからはバンキットカードを現金化する方法について見ていきましょう。
銀行ATMから引き出せるのは現金によってチャージされた残高に限られます。
ただ、本来は不可能とされるおたすけチャージを現金化する方法もあります。
こちらではバンキットカードを後払いで現金化する裏ワザの手順を詳しく紹介していきます。

1バンキットカードに登録する

バンキットカードのアプリをまだお持ちでない方は、下記よりダウンロードしてください。

APPStore GooglePleyどちらからもダウンロード可能です

アプリがダウンロードできた方は下記の手順に従ってアカウントの登録をしてください。

アプリ内から「アカウントの新規作成」をタップ

電話番号によるSMS認証

最後にユーザー情報の入力とメールアドレス認証をして、アカウントの登録は完了となります。

2本人確認をして残高をチャージする

アプリの登録ができた方は現金化する金額分、残高をチャージしてください。
後払いできるおたすけチャージが便利ですが、本人確認が必要になります。
申請からおたすけチャージ利用可能になるまで、最短即日~5営業日ほどかかるようです。

今すぐに利用できなくても、今後ために手続きを済ませておくことをおすすめします。
こちらでは本人確認に必要な書類からおたすけチャージの方法まで紹介していますので、参考にしてみてください。

本人確認の方法は2種類

1顔写真つきの本人確認書類1種類と、ご自分の顔写真を撮影して申請する「オンライン本人確認」

2顔写真つきではない本人確認書類を2つ提出する方法
オンライン本人確認に必要なものは運転免許証、パスポート、マイナンバー、在留カードのうちのどれか1つです。
顔写真付きの本人確認証を持っていないときは、次に紹介するA群から2点、またはA群から1点B群から1点を撮影してアプリに提出します。

A群

  • 各種健康保険証
  • 年金手帳
  • 特別永住証明書
  • パスポート

B群

  • 国税または地方税の領収書、または納税証明書
  • 社会保険の領収書
  • 公共料金の領収書(電気、水道、都市ガス、NHK、固定電話)

本人確認書と顔写真を撮影して、アプリに送信するだけです。
他の領収書(プロパンガス、携帯電話料金)や、公共料金の請求書、口座振替の通知書は使えません。
毎月第4日曜日の23時30分~9時は、BANKITがメンテナンスをしているので、本人確認の申請できないようです。
本人確認が終わると、アプラスからお礼状が届きます。

 

3専門の現金化業者に依頼する

最後に残高のチャージされたバンキットカードを専門の現金化業者に依頼してで現金化してもらいましょう。
主にクレジットカード現金化を扱っている業者であれば対応してくれます。プリペイドカードやバーチャルカードなども幅広く対応しているので相談しましょう。
業者選びのコツは口コミを確認する事です。
「換金率が高い!」「入金が早い!」など称賛する口コミが多数見つかれば間違いなく安心して利用できるはずです。

またほとんどの業者は即日現金化が可能なので、急ぎで現金が必要な方にも安心です。

 

バンキットの口コミ

iine
後払い系の利用枠を育てるのが趣味なのでBANKITのお助けチャージを利用 新生銀行グループのアプラスが運営するバンドルカードみたいなサービスです。 新生銀行のレイクを債務整理しているけれどお助けチャージできました
iine
梅雨明けだから暑すぎる。ダイレックスでガードハロー59円でお買い得だった。BANKITのおたすけチャージ3回返済したら3万チャージできるようになるのか。良い情報を得た。
iine
最近のアップデートでバンキットというアプリでおたすけチャージというのがでました!1万円ほどならチャージできてセブン銀行から出金できるから一時しのぎになるよ!ただこれを利用した詐欺も出てくるだろうから注意してね

まとめ

BANKITの解説は以上です。

バンキットカード自体、アプリを入れるだけでVISAプリペイドカードとして使える便利なサービスです。
海外の通販サイトやゲームサイトの決済など、クレジットカードしか対応していないけど情報を入れたくないな・・・なんて時にも使えます。
BANKITの『おたすけチャージ』は、今日すぐに使いたくても本人確認が必要になり3日前後かかります。
作っても利用しなければ年会費もかからず無料なのでもしもに備えて作っておくのもアリだと思います。
ただし、「おたすけチャージ」と「おたすけチャージ+」では仕様が違うのでご注意ください。

電子ギフト券買取優良店 アマトレード

電子ギフト券高価買取のアマトレード 換金率 最大95%
受付時間 24時間受付
振込速度 最短5分
振込手数料 無料

電子ギフト券買取サイト 優良店 買取タイガー

買取タイガーでAmazonギフト券現金化

買取タイガー 店舗詳細

換金率 最大99%
営業時間 24時間営業
振込みまでの時間 最速5分
振込手数料 無料


電子ギフト券 買取サイト 優良店 買取レオン

Google Play ギフトカード 換金なら買取レオン

買取レオン店舗詳細

買取率(換金率) 最大99%
営業時間 24時間営業
振込速度 最短3分
手数料 無料~135円

電子ギフト券買取優良店 買取デラックス

電子ギフト券高価買取の買取デラックス 換金率 最大99%
営業時間 24時間営業
振込速度 最短5分
振込手数料 無料

電子ギフト券買取優良店 買取キッド

買取キッドで電子ギフト券現金化 換金率 最大99%
営業時間 24時間営業
振込速度 最速3分
振込手数料 無料~160円

電子ギフト券買取優良店 買取ボブ

電子ギフト券高価買取の買取ボブ 換金率 最大99%
営業時間 24時間営業
振込速度 最短5分
振込手数料 無料

電子ギフト券買取優良店 買取マンボウ

電子ギフト券高価買取の買取マンボウ 換金率 最大99.9%
営業時間 24時間営業
振込速度 最短5分
振込手数料 無料

電子ギフト券買取優良店 ギフトグレース

電子ギフト券買取サイトギフトグレース 換金率 最大95%
営業時間 24時間営業
日曜定休
月曜は8時~
振込速度 特急プラン:最短5分
通常プラン:120分~
翌日プラン:翌朝10時~
手数料 総額1万円以上:無料
総額9,999円以下:一律216円

  • この記事を書いた人

酒井誠

現金化エキスパート 大学卒業後、大手消費者金融にて働き金融系の経験を積む。 その後チケット買取業者に転職 その流れからクレジットカード現金化業者の業務内容を知り転職。 卒業後からずっとお金に携わる仕事をしてるので利用者の気持ちが誰よりも分かる。 その様な方が安心して利用できるお店を現プロの目線からセレクトしご紹介することで業界の健全に寄与できるという目的から情報発信メディア「エンキャッシュ/YenCash」を開設。

-あと払い現金化

Copyright © YenCash Media Group , All Rights Reserved.