ライフスタイル

バンドルカード現金化方法とは?わかりやすい解説で今すぐ現金化!

バンドルカードの現金化方法とは?わかりやすい解説で今すぐ現金化!

バンドルカードというものをご存じですか?

「1分で誰でも作れて、3分で買い物完了!」というキャッチフレーズで人気の、誰でも作れる便利なアプリ型のプリペイドカードです。

このバンドルカードは、Visaが発行しており、クレジットカードと同様に使えますが、クレジットカードで現金化するのと同じように、バンドルカードを使って現金化することも難しいと言われています。

しかし、いつ何時、現金が必要になり、バンドルカードを使って現金化したいと思うような状況になるかもしれません。バンドルカードで現金化する方法と、そのメリットやデメリットについて紹介します。

 

バンドルカードとは?

バンドルカードはクレジットカード会社のVisaが発行する、誰でも作れるプリペイドカードアプリです。
本人確認などは不要で、スマホでバンドルカードのアプリをダウンロードし電話番号などを入力すれば、1分でネットショッピング専用の「バーチャルカード」が発行され、ここにお金をチャージすればすぐに利用できます。
さらに、「リアルカード」を発行すれば、ネットショッピングだけでなく、街のお店でも使用できます。

この「リアルカード」には、2つの種類があります。

本人確認不要で作れる「バンドルカード リアル」と、海外の実店舗で利用が可能な「バンドルカード リアル+」です。リアルカードには7種類のデザインがあり、好きなものが選べます。

 

使い方・チャージ方法は?

バンドルカードは、あくまでもプリペイドカードなので、使いたい金額をチャージして使います。
チャージ方法は、大まかに先払いチャージと後払いチャージの2種類です。

先払いチャージ

  • コンビニ
  • ネット銀行
  • ビットコイン

後払いチャージ

  • クレジットカード
  • d払い(ドコモ払い)
  • ソフトバンクまとめて支払い(一時停止中)
  • ポチっとチャージ

ポチッとチャージとは?

先ほどご紹介したバンドルカードに後払いチャージする方法のひとつに、ポチッとチャージという方法があります。
ポチッとチャージとは、ボタンひとつでバンドルカードにお金をチャージできる機能です。
この機能を使えば、審査・保証人要らずで誰でも20,000円まで調達可能になります。
利用金額の支払いは翌月末まで好きなタイミングでOKのため、経済的負担も少なくお金を調達できるのがうれしいポイントと言えるでしょう。

 

バンドルカードの登録方法

  1. アプリをApp StoreまたはGooogle Play でダウンロードし、スマホにインストール
  2. 新規登録を選択
  3. ユーザーID、パスワードを入力
  4. 生年月日、性別を登録
  5. 電話番号を登録
  6. 電話番号をSMSで認証
  7. 内容を確認してアカウントを登録
  8. バーチャルカードが発行
  9. 【はじめる】を選択
  10. 登録完了

バンドルカードに後払いチャージする方法

  1. バンドルカードアプリのチャージ方法で、「ポチッとチャージ」を選択
  2. ポチッとチャージの説明画面に移りますので、説明を読んで次へ進む
  3. 最大チャージ金額を確認
  4. ポチッとチャージの画面に進んだら、「最大●●●円まで申し込みできます」と最大チャージ金額が表示されていますので、確認の上【ポチッとの申し込みへ】を選ぶ
  5. 必要事項を入力
  6. 氏名、生年月日、メールアドレス、電話番号を入力し、利用規約を確認して同意したら、SMS認証へ進む
  7. SMS認証を行い、認証番号を入力
  8. チャージ金額を入力し、手数料を含む後払いする金額や支払い期限などを確認したら、【この内容で申し込む】を選択
  9. 申請が完了すると残高にチャージ金額が反映されますので確認します。

バンドルカードの支払い方法

  • ポチッとチャージの支払い画面で、【支払い方法を選ぶ】を選択
  • 未払いのチャージがあると、支払い金額が表示される
  • 支払い方法をコンビニ、ネット銀行、銀行ATM (ペイジー)から選択
  • 支払い完了

支払いが完了すると、ポチッとチャージの支払い一覧から削除されますので確認しましょう。

 

バンドルカード現金化方法

換金業者に依頼する方法

バンドルカードでは、チャージの方法に関わらず一度チャージした残高を現金で引き出すことはできません。
そこで、現金化を可能にするために専門の換金業者に依頼しましょう。
バンドルカードはVISA対応のプリペイドカードなので、クレジットカード現金化業者で現金化ができます。
ただ、すべての業者がプリペイドカード類の現金化に対応しているわけではありません。
むしろ、対応していない業者の方が多いので、業者選びが非常に重要です。

クレジットカード現金化業者を使った現金化の方法には2通りあり、業者が指定する商品を購入して業者に買い取ってもらう「買取り方式」と、購入特典としてキャッシュバックを受ける「キャッシュバック方式」があります。
申し込みから現金化まで、すべてオンラインで手続きが完了します。
業者選びの際は換金率はもちろんですが方式にも注意しましょう。

アマゾンギフト券を使った現金化方法

Amazonギフト券をバンドルカードで購入し、Amazonギフト券の買取り業者に売却して現金化します。
Amazonギフト券はAmazonのショッピングサイトで500円から購入可能です。他の金券とは違い手数料などがかからず、額面通りの金額で購入できます。
EメールタイプのAmazonギフト券であれば、購入後すぐに入手することができます。

なお、コンビニや家電量販店など実店舗で販売しているAmazonギフト券の購入には、バンドルカードは使えませんので注意しましょう。
Amazonギフト券の買取り業者への売却は、オンラインで手続きが完了します。
換金率は平均85%ですが、バンドルカードの場合はポチッとチャージの手数料がかかっていますので、実質換金率は68%〜81.3%となります。

 

バンドルカード現金化は違法?

バンドルカードの現金化は違法ではありません。
こういった問題ではよく「所有権留保」や「古物営業法違反」といった法律問題が引き合いに出されることも多いのです。
バンドルカードの場合でも「ポチっとチャージ」は信用供与の一種であり、ポチっとチャージで購入した商品はバンドルカードが立て替えた商品と言えるので、所有権留保の問題が発生します。

ですが、ポチっとチャージで購入した商品をプレゼント(譲渡)したり、食べて消費する場合でも所有権留保の問題が発生し、利用の幅を狭めることにつながります。
そのため、所有権留保の問題は引き合いに出さないことが暗黙のルールとなっており、きちんとポチっとチャージで利用した分を遅滞なく支払えばバンドルカードから咎められることはないでしょう。

また、古物営業法違反は「利益」を出すような中古品の売り方が問題となります。

バンドルカードを現金化するために決済した商品を売るかもしれませんが、利益が出なければ問題はありません。

まとめ

ここまでバンドルカードの使い方から現金化の方法まで紹介してきましたが、一度にすべてを理解することは困難でしょう。
困った際はこの記事を参考にして、バンドルカードの現金化を成功させましょう。

 

電子ギフト券買取優良店 アマトレード

電子ギフト券高価買取のアマトレード 換金率 最大95%
受付時間 24時間受付
振込速度 最短5分
振込手数料 無料

電子ギフト券買取サイト 優良店 買取タイガー

買取タイガーでAmazonギフト券現金化

買取タイガー 店舗詳細

換金率 最大99%
営業時間 24時間営業
振込みまでの時間 最速5分
振込手数料 無料


電子ギフト券 買取サイト 優良店 買取レオン

Google Play ギフトカード 換金なら買取レオン

買取レオン店舗詳細

買取率(換金率) 最大99%
営業時間 24時間営業
振込速度 最短3分
手数料 無料~135円

電子ギフト券買取優良店 買取デラックス

電子ギフト券高価買取の買取デラックス 換金率 最大99%
営業時間 24時間営業
振込速度 最短5分
振込手数料 無料

電子ギフト券買取優良店 買取キッド

買取キッドで電子ギフト券現金化 換金率 最大99%
営業時間 24時間営業
振込速度 最速3分
振込手数料 無料~160円

電子ギフト券買取優良店 買取ボブ

電子ギフト券高価買取の買取ボブ 換金率 最大99%
営業時間 24時間営業
振込速度 最短5分
振込手数料 無料

電子ギフト券買取優良店 買取マンボウ

電子ギフト券高価買取の買取マンボウ 換金率 最大99.9%
営業時間 24時間営業
振込速度 最短5分
振込手数料 無料

電子ギフト券買取優良店 ギフトグレース

電子ギフト券買取サイトギフトグレース 換金率 最大95%
営業時間 24時間営業
日曜定休
月曜は8時~
振込速度 特急プラン:最短5分
通常プラン:120分~
翌日プラン:翌朝10時~
手数料 総額1万円以上:無料
総額9,999円以下:一律216円

  • この記事を書いた人

酒井誠

現金化エキスパート 大学卒業後、大手消費者金融にて働き金融系の経験を積む。 その後チケット買取業者に転職 その流れからクレジットカード現金化業者の業務内容を知り転職。 卒業後からずっとお金に携わる仕事をしてるので利用者の気持ちが誰よりも分かる。 その様な方が安心して利用できるお店を現プロの目線からセレクトしご紹介することで業界の健全に寄与できるという目的から情報発信メディア「エンキャッシュ/YenCash」を開設。

-ライフスタイル

Copyright © YenCash Media Group , All Rights Reserved.